街で発見!

2014年10月07日

極安タブレットの衝動買い

M702S
去る10月4日(土)
いつものように秋葉原を散歩していると、
これまたいつものあきばお〜から呼び込みの声!

釣られてみる。

お〜〜タブレットPCが2,999円!?破格!激安!極安!じゃないか!?
どれどれと手にとって箱裏ののスペックを確認

7inchi Storage 4GB 512RAM 800*480 0.3MPixel KEIANとな?


お昼、食べに行こっと。



あきばお〜6號店へ・・・
飛ぶように売れている!
そこへ後輩から電話が入った「タブレットの相場ってどのくらいですか?」
な、なんと!タイミングのいい!?
目の前のこの価格のタブレットは入門機にはちょうどいいではないか!!

結局、人柱の付き合いとして自分も購入。
一台をここデ購入したところで、残り最後の展示品一台!   ←コレを無視して
零へ・・・これくださ〜〜い。

結局に2台購入。

さて、ここからは主観バリバリのレビューです。

二台同時に『開封の儀』 左にA、右にBとしよう 

お?Aには説明書が入っていないなぁ。。
仕方ないか、、、Refurbished(リファビッシュ)品だからなぁ

秋葉ではよく見かける表記
リファビッシュ(Refurbished)、バルク (bulk)、ジャンク(junk)、中古、リテール品、OEM品

同時電源投入!
あれれ?どっちも電池マークだ、完全放電のようなので充電準備。
5V2AのACアダプタを使用するらしい。
AとBのコネクターが違うぞ!
Aはストレート、BはL字に曲がってる(HPで確認するとストレートが正しい様子)
ac
X-PAL AMOS (28)1


さて放置して満充電を確認後、再度電源投入!!

真ん中に  KEIAN のロゴ出現

Aは数十秒でKEIANが波打って走ってる・・・
Bは!?シ〜〜〜ン KEIANが出たまま(はずれかっ?)

Aはこのまま立ち上がり、40秒でホーム画面へ
Bは電源を切り、再度 オン! 今度はKEIANが波打って走ってる・・・ (ホッ。。)

どうやらAは充電池を交換しただけか・・・
Bの方は少し病気を持っていそうだ・・・こっちは自分が引き取ることとしよう。

動きは思った以上によく動く
以前買ったIOPadよりは軽くてサクサクだが側はちゃちだ。2,999円だもの。

日本語入力はGogle日本語入力が標準で入っていて、セキュリティやオフィスは使用版が入っている。

一番気になるWi-Fi設定してPlayストアに接続ok!!
いくつかのアプリもダウンロードできた。とりあえず普通に使えたw
30万画素のインカメも思ったほど悪くない(良くはない)まぁ、つかわないだろう


とにかく、入門機にはこの価格で 『恵安』のタブレットなら一年は使えそうだと思う。
私は甥っ子にあげてしまう予定ではいるが・・・


しかしまぁ、その後輩がカバーケースを所望しまして、調べておりますと
これまたAmazonでこんなものを見つけてしまいました
2014-10-07_21h38_27
【microUSB】/7インチ専用タブレットキーボード付ケース&サイズ調整機能付 アンドロイドタブレット (microUSB 端子)価格:¥740
ついつい2つポチッとな。あ〜無駄遣い王だわ。。。

駆け足で書いてみたが、
とにかく安いタブレットで使ってみたい!って人にはオススメかもしれないが、
きっとすぐに飽きるかスペック不足で買い替えを余儀なくされる可能性大だろう。

しかし、携帯が未だガラ携でWi-Fi環境がすぐ側にある貴兄ならオススメしよう。
お手頃な価格の東芝製microSDcard 32GBを1,400円で購入しビシバシアプリをダウンロードして楽しんで欲しい。

会計報告
本体:2,999+税
キーボード付きカバー:740
microSDcard 32GB:1,400+税
------------------------------------------
合計 5,490円 (凝ればば高くつく)


KEIAN製 M702S  7inchi Android Tablet(2013年3月12日発売)
・Android OS4.0.4(HPにはこう書かれている)
・Android OS4.2(箱にはこう書かれている)
・Android OS4.2.2(本体内部タブレット情報にはこう書かれている)
ベースバンドバージョン 1.2.2
カーネルバージョン 3.0.8+

そしてこのタブレットのモデル番号(正式名称)は M702S V2のようだ!
pinablue at 21:30|この記事のURLComments(371)

超!敏感オススメ!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: