Edy

2010年10月31日

Edyが中心な生活な方へ

昨年にEdyのビットワレットが楽天の子会社になり
楽天カードもついに9月Edy付きのカードになりました。
しかし、Edyチャージについてはポイント対象外なので
やはり、現時点では【ビックViewSuica with VISA】が一歩リードです。

もちろんチャージだけを考えたら
【NTTグループカード】 Edyチャージでも1.5%程度の割引

【ビックViewSuica with VISA】
年会費一回使えば無料
Edyチャージで1.0%
Suicaチャージで1.5%

【ライフカード】
年会費無料
ETCカード発行手数料:無料
還元率は0.67%
Edyチャージも同額
生日のある月の還元率は3%を超

変わったところでは
SBIカード(SBIホールディング株式会社…住友系金融サービスグループ)
【SBIレギュラーカードMaster】
1000円1.0〜1.2%
国内の旅行傷害保険が付帯されているのは魅力
ETCカード発行手数料:無料

【SBIプラスカードVISA】
SBIレベルとショッピングレベルの掛け合わせによってポイント還元率が決定
http://plus.sbicard.co.jp/point_p/index.html
家族カードやキャッシング旅行傷害保険、の取り扱いはない
ETCカード発行手数料:無料


<以下ポイント付与可能カード抽出>

NTTグループカード ポイント満額付与
ソニーファイナンス ポイント満額付与
シティカード ポイント満額付与
出光カードまいどプラス ポイント満額付与
NEXCO中日本 プレミアムドライバーズカード ポイント満額付与
東急カードVISA ポイント満額付与
ビューカードVISA or Master ポイント満額付与



Edyを利用するには、おサイフケータイかEdyカードを入手する必要があります。
もっともお勧めのEdyはANAマイレージクラブEdyカード。
ANAマイレージクラブ系のEdyカードなら、Edyを利用するだけでEdy利用マイルが貯まるからです(200円毎に1マイル)。
発行手数料無料



次回はお財布携帯&アプリです。

pinablue at 13:39|この記事のURLComments(289)

超!敏感オススメ!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: