2015年12月

2015年12月01日

迷った時のSIM選び

SIMフリースマホを買ったはいいけど、どこのMVNOにしたらいいのか迷っている貴兄に、強引にお勧めいたします。異論は多々あると思いますが、以下の観点から選択しましたので同意できる方は安心してご購入ください。
あくまで主観です。
リアルタイムで書いて行きますので現在見てくださっている方は”更新しながら”ご覧ください

結論から言いますと、前記事に書きました通り
『DMM mobile データSIM(SMS付) 3GB』です
images

Amazon

《購入にあたっての条件》
・初期投資
・Mbps
・SMS
・価格
・速度制限
・容量
・プラン
・信頼
・ブランド
・評判
・おまけ

こんな優先順位でしょうか(笑)

ひとつずつ比較していきます。
・初期投資・・・少なく抑えられればいいですね。後悔した時に損失が少なくて済む。
・Mbps・・・kbpsのベーシックと呼ばれるコースは対象外にします
・SMS・・・セルスタンバイ問題[要検索]を考慮してオプションで付けることを前提
 (UQ mobileとmineoのデータSIMは全てSMS込みの料金になっているようです)

・価格・・・安いほうがいいに決まっています。消費税は別で考えます。
DMM,楽天モバイル,b-mobile(イオン),IIJmio,BIC,mineo,FREETEL,DTI,U-mobile,,,,,,,,

・速度制限・・・1日〜3日での使用量で規制がかかったり、プランの上限を超えたら何kbpsなのか翌月の速度制限はないかなどを検討

・容量・・・プランの上限に満たなかった時の繰り越しがあるか、また繰り越しは翌月までか否か

・プラン・・・細かな設定、使った分だけ、一年縛り

・信頼・・・所謂バックボーンです。IIJなのかフュージョンなのか以外なのかゲートは広いか、回線の拡張の体力はあるのかなどです

・ブランド・・・はっきり言って、どうでもいいです。惑わされる要因でしょう。

・評判・・・一点だけで評価しているものは無視して、自分に合ったものを選択することが寛容です

・おまけ・・・バースト機能、ポイント、キャッシュバック、フリースポット


LINEをしたいからSMSをつけるといった考えは間違っています。
なぜなら、フェイスブックや捨てメアドで登録は可能だからです。
それよりも、前出のセルスタンバイ問題への対応している端末なのか否かでSMS付を選びます

通話は既存のガラケーに拘らないのであれば、
お勧めなのは月額基本料0円の『SMARTalk』です。
smartalk_1

050から始まるIP電話ですが、なかなか音質も向上し使い勝手もよくなりました。(8円/30秒)
もちろんほかにも似たサービスはあるので探してみてはいかがでしょう?

このアプリをZenFone2に入れ、格安SIMで運用すると

な、な、な、なんと!!! 通話をしないとなると このSIMプラン代だけってことに!!

1,000円以内も夢じゃない!!


この記事には日々追記していきますのでお見逃しなく!!!!(最終更新日 2015.12.1.23:25)
pinablue at 22:48|この記事のURLComments(238)SIM | お得情報

超!敏感オススメ!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: