2023年02月25日

2区間定期券とオフピークポイントで得する

JRの定期券値上げは、2023年3月18日からですが、
HPからは対象エリアの運賃改定と記載されていますので、青枠は対象外ですね
260755
260745

今回は青枠路線内の方々にお得になっていただこうとの企画です
260750

いわゆる、オフピーク定期券(新設)に選漏れした除外組の救済です。

【例】自宅:宇都宮線 東鷲宮駅 → 会社:新宿駅
東鷲宮ー新宿 48.7km 電車特定区間外(青枠内)

【6か月定期券で比較】
通常定期券 48.7km 123,560円
2区間定期券 24.7km 56,910円(新宿ー与野)
(Suicaで   24.0km 60,180円(与野ー東鷲宮) 合計117,090(差額6,470円)

ピーク前時間帯: 5:15〜6:15, 7:45〜8:45に入場し定期券区間内で下車すれば、JREポイントが420P/月max還元されます。(420P×6か月=2,520円)

6,470+2,520= 8,990円/6か月 もお得!!

乗車券分割プログラム(2分割定期券計算支援サイト)
http://bunkatsu.info/cpg.cgi


結論
青枠の方々は、2区間定期券を6か月購入後、オフピークポイントのエントリーを済ませてください。
定期券購入の新規は7日前、継続は14日前から購入可能です.

オフピークポイントってどうなるの?

2023年3月18日にオフピーク定期券の発売開始とそれに伴ってオフピークポイントの改悪があります

オフピークポイントの改正は4月1日からですが、
ざっくりと!
あなたのオフピークポイント(420P/月max)は付かなくなります
260750

なぜなら、対象範囲が変更になるからです

入出場とも赤枠エリア(電車特定区間)は対象外です
では、どのような場合が対象かといいますと下図参照
260751

対象の方は、必ずエントリーしてくださいね。
注意点は今まで通り↓
・ポイント還元時間帯に入場し対象エリア内で出場(乗り越し不可)

オフピーク定期券とオフピークポイントの時間帯は同じように見えますが、
・オフピーク定期券・・・入場時判定のみ
・オフピークポイント・・・入出場時判定
  に、ご注意ください。

オフピーク定期券で悩む

JR東日本の定期券値上げで、新たにオフピーク定期券が導入される。
詳細はリンクでご確認を。

私はこれで悩める方々に、余計なお世話をしたく久々にペンをとりました。

オフピーク定期券はいつから始まるの?
2023年3月18日発売のようです

Q.何が変わったの?

通常の定期券より約10%ほど安くなりますが、いろいろ制限があります
オフピークポイントはつかなくなる

Q.制限とは?

各乗車駅の平日ピーク時間帯に使用できず、通常料金を取られる
オフピーク定期券ピーク時間帯検索
購入は新規のみ(残りがある場合は清算後)
電車特定区間内のみ
260745


Q.今までの定期券が余っていますが、どちらが得ですか?

払戻すかどうかは以下の計算でご自身で決めましょう
【払戻額】
発売額からすでに使った旬数(10日を1旬とし、1旬に満たない日の端数は1旬とします)に定期運賃の日割り額を10倍した額を乗じた額と手数料220円を差し引いた残額
定期乗車券の払い戻し額の計算


※4月からはオフピークポイントも適用範囲が変わります
 電車特定区間完結の定期券は、オフピークポイントの対象外となります

Q.では、通常定期券でいいのでは?

時間に制限を受けないので良いと思います
購入価格が10%ほど高くなります
4月からはオフピークポイントがつかなくなります(電車特定区間完結)

通常の定期券は、現行より1.4%値上げされる
定期券の新規は7日前から購入でき、継続は14日前から購入できるが、
今回の改定は3月18日(土)なので4月1日(土)始まりの定期券は改定前の旧料金では購入できない(注意)

超!敏感オススメ!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: